COLUMNコラム

虫歯を予防するキシリトール


みなさんは虫歯になる原因をご存知でしょうか?虫歯は歯質、細菌、食べ物の3つの要素によって出来るといわれています。虫歯予防として、日頃の歯磨きも大事ですがこの3つのリスクを減少させてくれるものにキシリトールというのがあります。そこで当院でもおすすめしている「キシリトール」の成分や効能について詳しく解説していきたいと思います。

1.キシリトールとは

キシリトールとは糖アルコールの一種で、砂糖と同程度の甘みをもち、野菜や果物の中にも含まれています。その他にも体に直接取り入れる点滴剤にも含まれているほど、ヒトには安全な食べ物といえます。

 

2.キシリトールの利点と欠点

キシリトールガムを摂取することの利点としては、次の3つが挙げられます。

①プラークがサラサラになることにより、ブラッシングの効果が上がる
②継続的に摂取することにより、食べることをやめて数年たっても予防の効果が持続する
③ガムを噛むことにより唾液の分泌と再石灰化を促進する

キシリトールガムの欠点としては、大量に摂取すると下痢を引き起こす可能性があるため、量には注意して摂取するようにしてください。

 

3.池田歯科で取り扱っているキシリトール

当院では、次の3つのタイプのキシリトール製品を取り扱っています。ガムではないタブレットタイプも用意していますので、お好みに合わせてお選びください。
 
・ボトルタイプ:内容量が豊富。1日3回食べたとしても1ヶ月もつ
 aeb88fc92224b81efce8d17aba46962c

・袋タイプ:持ち運びにたいへん便利。外出先でもキシリトールを摂取することが可能
 a9759b10ef24c29e82c41e9a090d153a

・タブレットタイプ:ガムが苦手な方や治療中の方にオススメ。ラムネのように気軽に摂取可能
 fea5ccd6f60d954aab753d8654bb3d6b

 

4.キシリトールの効果的な使用法

キシリトールガムは、通常は1日3回、食事の直後に噛むのがお勧めです。

具体的には、歯磨き前に5~10分間噛むと、最良の効果が得られます。タブレットタイプのキシリトールは、途中で噛み砕かないのがポイントです。

最後まで舐め続けることでキシリトールの効果が高まります。

使用を始めてから2週間~1ヶ月後くらいから効果が現れ始めます。

口の中がサッパリするようになり、虫歯予防の効果も徐々に発揮されてきます。3ヶ月以上使うことで虫歯になりにくい環境が整ってきます。

キシリトール製品は毎日使うものですから、できれば楽しみながら噛んだり舐めたりしたいものですよね。そこで当院では「クリアミント」、「アップルミント」、「マスカット」の3種類のお味を扱っております。

いろんなお味に挑戦して、楽しく美味しく歯を健康にしましょう。

 

5.まとめ

このように、最近ではいろいろな種類のキシリトール製品が販売されており、それぞれの生活習慣や好みに合った方法で虫歯予防ができるようになってきました。ガムを噛んだりタブレットを摂取するだけで虫歯予防が期待できるキシリトール製品は、お口の健康にとって強い味方といえるのではないでしょうか。


カテゴリー

キーワード

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内