COLUMNコラム

虫歯予防に効果的なフッ素とは


虫歯予防にフッ素が効果的であるというのは有名な話です。最近では、フッ素が配合されていない歯磨き粉を探す方が難しいくらいですからね。また、歯科医院でフッ化物の歯面塗布という処置を受けたことのある方も増えてきているかと思います。それくらい歯との関わりが深いフッ素ですが、そもそもどういった物質なのでしょうか。

1. フッ素とは

 

フッ素は自然界に広く存在している元素の一つで、海産物、穀物、お茶、野菜などに含まれています。

虫歯予防に用いられているのは、フッ化ナトリウムなどのフッ素化合物です。ここでは、フッ素にはどのような効果があるのか、説明していきたいと思います。

▽虫歯予防に使用されるフッ素とは

歯科治療で使用されるフッ素とは、フッ素化合物のことを指します。

フッ素は、歯の表面のエナメル質に作用して歯質を強化します。つまり、フッ素を使用することで虫歯に対する抵抗力が高まるのです。

また、虫歯になりかけたエナメル質に作用し、その部分の再石炭化を促進するという効果もあります。

▽フッ化物を配合したジェル

当院では、チェックアップジェルという商品を使用・販売をしています。

歯質を強化するフッ化物が豊富に配合されています。ジェルタイプで使いやすく、いろいろな香味も楽しめる素晴らしい商品です。

ここからは、チェックアップジェルの特徴や種類、効果的な使用方法などについて解説していきます。

 

2. チェックアップジェルの2つの特徴と種類

 

チェックアップジェルには次のような2つの特徴があります。

①口腔内のすみずみまで広がりやすいソフトジェル
②少ない泡立ち、やさしい香味

ジェルタイプですので、口腔内に流れ落ちることなく、効果的に歯面に作用させることができます。

また、香味に関しては、ピーチやグレープ、ミントなど種類が豊富になっておりますので、幅広い年齢層の方に使用して頂けます。

定期的に香味を変えるなどして、気分転換をはかるのも良いかもしれません。

 

3. チェックアップジェルの効果的な使用法

 

チェックアップジェルは、一般的な歯磨き粉とは少し性状が異なりますので、どうやって使用したら良いのか気になるところですよね。

チェックアップジェルを効果的に使うためには、次に挙げる3つの点に注意してみてください。

①歯ブラシのブラシ部分半分程度のジェルをつける
②口腔内をしっかりとブラッシング
③ブラッシング後に軽く吐き出し、一度洗口する

ちなみに、チェックアップジェルを使用した後、30分程度は飲食を控えるようにしましょう。

チェックアップジェルに含まれていたフッ化物がエナメル質に取り込まれるまでの時間です。30分経過した後は、普段通りに飲食しても問題ないといえます。

以上のようなことを踏まえて、チェックアップジェルを正しく使えばより効果的にフッ化物の効果を得ることができます。

チェックアップジェルを使って、虫歯のない美しい歯を維持していきましょう。今日からでもぜひ、フッ素を始めてみて下さい。

 


日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内