COLUMNコラム

歯周病予防のメンテナンス、SRPってご存知ですか?


皆様、こんにちわ。
歯のメンテナンスは最低でも3ヶ月1回は受けられるのが理想です。そのメンテナンスの際に皆様が受けられますSRPについて本日はお話したいと思います。

そもそもSRPって何??

S.R.Pとはスケーリング&ルートプレーニングの略称です。スケーリング&ルートプレーニング(以下SRPと記します。)とは歯周病治療の1つで、ハンドスケーラーと呼ばれる専用の器具や、超音波の器具を用いて歯周ポケットの中、いわゆる歯茎の中の歯の根に隠れている部分の歯垢や歯石を取り除くことです。

以下の写真のように歯の周りに歯周ポケットという溝があり、その溝に歯垢や歯石が付着します。その汚れが歯周病の進行を助長する役割をしています。

 pixta_14170669_S

歯周ポケットのなかの汚れは歯ブラシなどでは、除去することが難しいため、特別な道具を使って汚れを除去する必要がございます。

SRPを厳密に分けると以下の二つに分かれます。

スケーリング:歯にこびりついた歯石やプラークを取り除くこと。

ルートプレーニング:細菌で感染した歯の根の表面(セメント質)を取り除き、磨いて表面をツルツルにして細菌の付きにくい環境にすること。

SRPをすることによって歯周ポケットを清潔にすることができ、歯の根の表面をツルツルにすることができるので、歯周病の改善や、それからの口腔内の改善に繋がります。

しかしこのSRPは、歯周ポケットの中に器具を入れて取り除くため、痛みを伴なうことがございます。SRPには高い技術が必要であり、私たち衛生士も日々練習したり、外部講師の講演を聞いたり、研修を受けたりすることで、SRPの技術を学んでいます。

 

歯周病を防ぐには?

 

前にもコラムで出てきまたが、歯周病にならないためには、以下の3つが必要とお伝えしました。

・正しい歯磨きを身につける
・定期的なメンテナンス
・食生活の改善

SRP は定期的なメンテナンスですね。

歯において問題がなくても最低でも3ヶ月に1回はSRPなどのメンテナンスがをすることで長く健康な歯を維持することができます。

また長いこと期間が空いてしまうと歯石が硬直化し、さらにメンテナンスの際の痛みや時間がかかり、患者様に負担がかかってしまう場合がございます。

まとめ

上記でもございましたが、歯周病予防のためには定期的なメンテナンスやご自身での歯へのケアが大切になります。

さらに歯周病への理解も予防への第一歩となりますので、以前にあった歯周病コラムについても一読頂けたらと思います。

しっかりとメンテナンスをしていつまでも健康な歯を維持していきましょう。

 

歯周病予防における3ステップ

http://art-smile.com/column/11697.html

 


日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内