COLUMNコラム

セラミックの歯を綺麗に保つための注意事項


保険の歯よりもセラミックの歯の方がメリットが大きいため、多くの方がセラミックの歯を選ばれます。決して安い金額ではないセラミックの歯を、綺麗に保つための注意事項についてご紹介いたします。

セラミックの歯/お食事の注意事項

セラミックの歯は天然の歯や金属の歯に比べ、プラークや着色が付きにくいという利点がありますが、いくつかお食事の際に気をつけて頂きたいことがあります。

普段の食事は問題なく行える場合が多いですが、外からの強い衝撃で割れたり、ヒビが入る可能性があります。

堅焼のおせんべいやアメを噛み砕いたりするのは控えて頂く事がおすすめです。 又、歯ぎしりやくいしばりの癖がある方は、注意が必要な場合もあります。


※下記画像は硬い食べ物についての参考図です。数字が大きいほど硬く注意が必要です。

硬い食べ物

 

 

セラミックの歯/お手入れの注意事項

ブラッシング

セラミックの歯は天然の歯より、汚れは付きにくいため力を入れてこする必要はありません。こする力が強すぎたり、ブラシの毛が硬すぎる物で磨くと歯茎が下がりかぶせ物の境目が見えてしまう場合があります。

歯茎とかぶせ物の境目を優しくブラッシングしましょう。フロスや歯間ブラシで歯と歯の間のお掃除も必要ですが、お口の中の状態にあった物を使用した方が良いです。特に審美的にデリケートな前歯は注意が必要な為、担当の医師や衛生士にご相談下さい。

定期的なメンテナンス

セラミックの歯は汚れが付きにくいため、歯周病や材料によっては虫歯にもなりにくいですが、100%安心と言うわけではありません。定期的なメンテナンスに来ていただくことで普段のブラッシングでは落としきれない汚れをクリーニングし、歯茎の健康状態やむし歯が出来ていないかなどを確認できます。

また、ブラッシングのポイントやご自分では気づかないブラッシングの癖などの発見 にもつながり、セラミックの歯を美しく保つことにもつながります。

インプラントの方は特に注意

インプラントの上部の被せものは天然の歯の作りとは多少違いがあります。インプラントの土台の部分と被せものの境目の部分はくびれのようになっているため、汚れが溜まりやすく炎症を起こす原因にもなりやすいです。

タフトブラシというブラシの先が細いブラシで磨いたりスーパーフロスという特殊なフロスで清掃したりと工夫が必要になります。インプラントの部分はデリケートで清掃も難しい場合がありますので歯科での専門の道具を使用したメンテナンスが必要です。

スーパーフロス

スーパーフロス

タフトブラシ

タフト

 

セラミックの歯が割れてしまった場合は?

セラミックが割れてしまった、ひびが入ってしまったという場合には早めにご連絡ください。早めにご連絡を頂く事で修理の時間が短く済んだり、治療回数が少なくすみ、患者様の負担も少なくすみます。

割れたところが取れたりしている場合は捨てずに持ってきていただくとその場で修理が可能な場合もあります。

セラミックの歯が特に割れやすい方

セラミックの歯の欠点としては割れる心配があるということです。 咬む力が強い、セラミックインレーの大きいものがはいっている、セラミックの歯が多数入っているなど割れてきやすい条件がいくつかあります。

また、インプラントの土台の部分や天然の歯の根に咬合性外傷というかみ合わせによる負担が極端にかかると歯を支える骨への負担になったり歯の根が割れてくるリスクが発生します。

そのようなリスクがある方にはナイトガードというマウスピースを就寝中などに使用していただき出来る限り負担を軽減指せる必要もあります。

ナイトガード


日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内