COLUMNコラム

顎関節症とは?


No image

顎関節症の症状と顎のつくり

よくみられる症状として口が明けにくい、顎に痛みがある、カクカク音がするなどがあります。

これらの症状はどうやって起こるのでしょうか?

私達の顎の骨は上あごと下あごが左右の耳の穴の少し下前方の部分で関節を介して繋がっています。

この関節の部分には関節円板というクッションのような組織があり上下の顎の骨が直接こすれないようなしくみになっています。口を開ける時は、上あごのくぼみに沿って丸い形をした下あごの骨がこのクッションを間に挟んだ形でスムーズに動きます。

この関節円板というクッションの障害をはじめ、様々な原因が複雑に関係している場合が考えられます。顎

原因とは?

顎関節症の原因としては大きく五つが考えられます。

①顎やその周りの筋肉の問題

②歯と歯のかみ合わせの問題

③歯ぎしりや食いしばり

④顎の関節そのものの変形や病変

⑤精神的なストレスや体全体の不調顎2

診断と治療法

まずどういった症状があるか詳しくお聞きし、触診したり顎関節の雑音がないかのチェックや、レントゲンを撮影し顎の状態の確認を行います。

治療には、顎のかみ合わせの位置や関節円板の位置を調節するためマウスピースを利用するスプリント療法をはじめ症状や状態に応じて様々な方法があります。

顎関節症は肩こりや、頭痛を引き起こしたり、自律神経に影響し、全身の状態を悪くする可能性もあるので、思い当たる症状がある方は一度ご相談ください。

 

 


カテゴリー

キーワード

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内