BLOGスタッフブログ

スタッフブログ


「歯が黄色くなる8つの原因と治療法」2018/10/16

こんにちは、副院長の日高です
   

以前、
「歯が黄色くなる8つの原因と治療法」
と言う内容のブログを書かせて頂きました
   
   

池田歯科のブログ記事のなかでもトップになるほどのアクセスを頂いています
   
   

今回はその記事をコンパクトにしてみました
   
   

歯が黄色く見える原因は
   
   

①着色・歯石の付着
  汚れがついて色が変わってしまう
         

②加齢変化
  歳をとったことで、自然と色が変わってしまう
   

③むし歯や治療後の詰め物よる変色
  治療で詰めた詰め物の色が変わってしまう
      

④神経がない歯
  神経がない歯は色の変化が早く起こるので色が変わってしまう
   

⑤歯の磨きすぎ
  頑張りすぎて、磨くことでエナメル質が削れて薄くなり、象牙質が透けて黄色くみえる
   

⑥口の乾燥
  唾液による「洗浄効果」が弱くなり、汚れが付きやすくなって色が変わる
   

⑦薬品による着色
  薬剤の影響で色が変わってしまう
         

⑧遺伝病などによる着色
   遺伝的な病気や代謝異常によって変色してしまう
   

   
   

8つの原因があります
   

   
   

ご自身の歯を鏡でみてください
   
   

主な原因を挙げていますので他の原因も考えられますし
複合的な要素で色が変わっていることもあります
   
   

「これが原因だ」と思うものはありますか?
   
   

   

では「歯の着色」に対する治療法です
   
   

①歯石・着色除去
   歯科医院で歯石・着色を除去してもらう
   

②ホワイトニング
   加齢変化による着色は象牙質の色です
   ホワイトニングを行うことで白くきれいな歯にすることができます
   

③再治療(保険の範囲のものやセラミックなどの自費治療)
   むし歯の治療や詰め物のつめ直し
   
   
   
   

治療の際に、ホワイトニングやセラミックを受けることで、より白くきれいな歯にすることができます
治療も症状に合わせて行う必要があります
治療法に挙げた①、②、③のいづれかだけできれいになる場合もあれば
①、②、③のすべてを駆使してきれいにする場合もあります
   
   
   

歯の変色の原因と白くする方法を述べました
色々な原因と方法があります
保険内で行えるものから、時間と費用をかけてしっかり治すものもあります
   
   
   

歯の色が気になる方
「白くしたい」と悩まれている方、まずは受診して原因と対応方法を相談してみませんか?
   
   
   

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

△火曜日は10:00-13:00/14:00-18:00

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内