COLUMNコラム

歯ぎしり・食いしばりにマウスピース(ナイトガード)


朝起きた時に、あごが疲れていることありませんか?最近よく顎が痛い、朝起きたら顎が疲れていると来院される患者様が増えています。寝ている間の歯ぎしりや食いしばりが原因の場合があります。歯ぎしりはギリギリ等の音が出ることで気づきやすいですが、食いしばりはグーっと強く噛むので音がしないため気づいていない方が多いです。こうした歯ぎしりや食いしばりを放置すると、顎や歯にいろいろな悪影響が及んでいきます。そこで今回は、歯ぎしりや食いしばりについて、生じる仕組みや対処法を詳しく解説します。

1.歯ぎしり・食いしばりとは

歯ぎしり・食いしばりはどちらもパラファンクションと言われているもので、眠っているときや起きているときに無意識に行われています。

日中は自覚さえできれば止めることもできますが、睡眠中に無意識で行われる歯ぎしり食いしばりは、歯やあごの健康への悪影響があり特に問題です。

もともと人間には防御機能があり、強い力で噛み込むと「これ以上強く噛むと痛くなる」などという制御が働きます。

しかし睡眠中は目覚めている時ほど敏感に働きません。そのため睡眠中の歯ぎしりや食いしばりは、日中に行うものよりもずっと強い力になりがちです。

2.歯ぎしり・食いしばりを放置することのリスク

歯ぎしり・食いしばりを放置すると毎晩強い歯ぎしり・食いしばりが続くと、被せものを入れた歯が折れたり、自分の歯が欠けたりヒビが入ったり、また詰め物をした部分が外れたりということが起こってきます。

他にも歯ぎしり・食いしばりで歯の表面のエナメル質が摩耗して象牙質や神経がむき出しになると、知覚過敏の症状が出たり、そこから細菌が侵入しやすくなったりするため、虫歯のリスクが高くなります。

yjimage0504YPHP

 その他、顎関節に加わる過剰な圧力等のために、顎関節症を発症することもあります。また歯周病にも悪影響があります。

歯ぎしり・食いしばりで過剰な力が加わると歯を支えている歯根膜や歯槽骨など周囲の組織が圧迫を受けます。炎症による破壊に加え過剰な力がかかる事で、歯槽骨の失われるスピードがより速くなり、歯が倒れる・動くなどの問題も起こりがちになります。

炎症を取り除く治療と共に、力のコントロールも重要になります。

3.ナイトガードで顎にかかる力を緩和

yjimage6XUZWDHY

歯や顎に加わる過剰な力を減らすにはナイトガードの使用をおすすめしています。

ナイトガードとはマウスピースで就寝中に使用していただくものです。患者様の歯型を取り、それにあわせてマウスピースを作成します(健康保険適用です)。

就寝中に装着すると強く噛み込もうとしても、スルスル滑って力が分散しやすくなり、強く噛み込んだとしてもナイトガードが削れることで、歯や顎に加わる力の害を緩和することができ、覆われている歯は動揺せずにすみます。

顎が疲れる、痛いなどの症状があるときは、その原因や治療法など早めに歯科医院を受診しご相談されることをお勧めします。


日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内