COLUMNコラム

■銀歯が外れた場合の対処法


1. 銀歯が外れた場合に注意すべき3つのこと

銀歯が外れた場合には、まず次の3つに注意してください。

1 捨てずに保管する

外れた銀歯は歯科医院で再利用できることがあります。

ですので、小さな容器やチャックシールの小袋などに入れて保管しておいて下さい。ティッシュにくるんで置きっぱなしにしてしまうと、誤って捨ててしまうなど失う原因になります。

2 自力で元に戻してはいけない

一度外れた銀歯は、基本的に自力で戻すことはできません。見た目上、きれいに元に戻すことは可能ですが、二次カリエスなど大きなトラブルを招くことがあります。

また、無理に戻そうとすると変形の原因になったり、ご自身の歯が欠けたりする恐れがありますので、取れた銀歯は歯科医院に行くまでそのままにしておきましょう。

3 瞬間接着剤は絶対に使用しない

銀歯の装着というのは、歯科医師にしか行えません。

接着剤も専用のものを使用しており、接着操作も専門知識が不可欠です。

ですので、患者さん自身が瞬間接着剤を使用して再装着することはくれぐれも止めてください。無理に接着した銀歯は、歯科医院で取り外すこととなります場合によってはご自身の歯まで削る可能性もでてきます。

 

2. 銀歯が外れる2つの原因

銀歯が外れる原因は、主に次に挙げる2つです。

①セメントの経年劣化

歯を入れて年数が経つと接着に使用したセメントが経年劣化して溶けてしまったり、咬合の強い力によって壊れてしまって外れることがあります。
銀歯の下の歯が壊れていない場合は、綺麗に磨いて再度つけなおす事が可能です。

②銀歯の下が虫歯

銀歯が外れる前にセメントが溶けてしまっている場合は、銀の下に虫歯菌が入り込んでいて、虫歯(二次カリエス)ができてしまっていることがあります。
この場合は、虫歯治療ののちに型を取り直して新しい銀歯を作ることになります。

 

3. 歯医者に行くまでに気をつけること

①銀歯が外れた部分を清潔に保つ

銀歯が外れるとそこには隙間が生じ、食べかすや歯垢が溜まって虫歯になりやすい状態となります。ですので、いつも以上にしっかりとブラッシングして、清潔をにするようがけましょう。

②熱いもの冷たいものを控える

部分的な詰め物(インレー)の場合は、歯の神経が残っている場合がほとんどだと思います。
その場合、知覚過敏により痛みを感じやすくなる可能性があります。

熱いもの(スープ・コーヒー)や冷たいもの(アイスクリーム・ビール)などの刺激の強い食べものはできるだけ避けることが望ましいです。また、食事の際には銀歯が外れた場所の反対側で噛むように心がけましょう。

 

4.まとめ

詰め物が外れてもあわてないで下さい。

忙しかったり歯医者の予約が混んでいたり、すぐに歯医者に行けない状況もあると思います。虫歯は1~2週間で急に進行することはありませんので安心して下さい。

ただし、銀歯が外れてから長い時間が経過すると、神経を取らなければならない状況もでてきます。

処置を受けるのであれば早いに越したことはありませんので、都合がつき次第できる限り早めに受診することをお勧めします。

 


カテゴリー

キーワード

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内