BLOGスタッフブログ

スタッフブログ


歯と口の健康習慣2014/06/16

こんにちは。歯科受付の井本です。
6月に入り本格的に梅雨入りをしましたが皆様は梅雨対策を行われていますか?

6月といえば「梅雨」と思われる方が殆どだと思われますが、
実は歯科では「歯と口の健康習慣」と言うものがあります。
期間は6月4日~10日の6日間。目的としては歯と口の健康に関する知識を国民に

知ってもらい歯の寿命を延ばしもらうことを目的として毎年実施されています。

実は最近、私はフィンランドの歯に関してのニュースを読みました。
フィンランドは虫歯予防の意識が高い事で有名ですが、40年前までは平均として

子供1人に虫歯が7本あった時期があり、その子供たちの歯科治療を行う保険費用は膨大で、試算してみると予防に支払うお金のほうが少ないと統計がでたそうです。
その時のフィンランドの対策が、国民への教育や親子での定期健診を実施。
今では「歯は治療するものではなく予防するものだ」と言う考えが根付き

「虫歯が多い子供は、家で虐待を受けている可能性がある」と調査員が家庭に入ることもあるとのこと。

これを読んだ時、歯科は歯や健康を守るだけではなく国を変える力があると思いました。
それと共に今まで以上に自分の歯科の知識を深め皆様の役に立ちたいと考えさせられました。

皆さんも是非定期的な歯科検診を受けられて下さいね!

 


日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内