PERIO歯周病治療

歯周病治療 体験談

木村 愛さん 53歳 女性 主婦

治療内容

歯周病治療と歯並び矯正

来院された経緯・お悩み

10年くらい前から、歯茎がたびたび腫れていたが、歯医者に行くのが怖くてずっと放置していた。最近は、下の前歯がグラグラして噛めないし、めまいや頭痛などの更年期障害もおこってきたので、思い切って来院した。

インタビュー動画

Dr.池田の治療計画

患者さんのお話をお伺いしたところ、入れ歯ではなく、ご自分の歯でかめるようになりたいという強いご希望があることがわかりましたので、全体的に歯周病の根治術を行い、ブラッシングがしやすくなるようにとの観点から歯並びの矯正治療を行いました。
何本かはどうしても抜歯しなくてはなりませんでしたが、2年以上の治療期間をとおして何とか固定式の歯を入れることができました。

症例紹介

治療前

全体的に、歯周病が進行したために、歯並びも悪くなってしまっています。どの歯もグラグラしていて、歯ぐきにも強い炎症があります。

治療前のレントゲンでは、ほとんどの歯が重度の歯周病で周囲の骨がなくなってしまっていました。

治療後

治療後の歯ぐきは色も良くなりました。

レントゲンでは安定した歯槽骨が見えます。

治療から15年後の状態ですが、ご本人のしっかりしたブラッシングと欠かさないメインテナンスにより、1本の歯も失わずに過ごしていただいています。

患者様の感想

Q.木村さんは池田歯科に通院し始めて15年位になりますが、当院に通う前と後では、どんな所がかわりましたか?
A.まず、歯を治療してから、性格が明るくなりました。何でも前向きに考えるようになり、行動範囲も広がりました。
Q.行動範囲まで広がったのですね?
A.仕事をしていたせいもありますが、退職後は海外旅行に行くのが楽しみで、年に数回行っており、そのうち半分は一人旅です。
Q.そこで主税さん(木村さん紹介)と出会われたのですか?
A.主税さんは、奥様と二人旅で、奥様から「木村さんの歯はお綺麗ですね、どこで治療されたのですか?」と聞かれました。
Q.子供の頃からの口のことについて教えていただけますか?
A.子供の頃から前歯がねん転していて、それがすごくコンプレックスでした。40歳前にして、歯が少しずつグラツキ始めて、朝起きたら口の中がネバネバする感じがありました。
他医院にて診てもらったら、「このままにしていたら、将来たいへんなことになりますよ。」と言われましたが、何が大変なのか、どうすればいいのか教えてもらえませんでした。
ただ悪くなっては削って詰める、の繰り返しでした。その頃、九大で公開講座があると友人に聞き、それを聞きに行きました。
そこで、「歯はクリスタルの宝石ですよ。歯を抜いてしまったら、唾液の性質まで変わってしまいますよ。」と言われました。
当時、通院していた歯科の先生が亡くなられて、主人の兄嫁さんから池田歯科を勧められて通うことになりました。
Q.治療されていた2年間はどんな思いでしたか?
A.2年間治療しましたが、歯が綺麗になると思えば通院は全然苦ではありませんでした。外科手術(FOP)も6回もしましたが、歯を綺麗にしたい一心で自分も一生懸命でした。
Q.治療期間は、歯を治したい一心で一生懸命だったのですね。その後約10年間しっかりメンテナンスに通われていますが、今の気持ちの変化などありますか?
A.今は、毎日どんなことがあっても磨く習慣が身につきました。
出かける前にも、必ず歯を磨きます。メンテナンスはもう生活の一部になっていて、歯と命とどっちが大事?!という位、歯は大切だと感じています。
歯を治療してから、その後歯が弱ったと感じたことはありません。また、人の歯も気になるようになりました。
Q.人の歯も気になるようになったのですね。
A.人には歯は宝石だから大事よ、と言っています。歯の治療にはお金をかけたけれど、これは自分への投資だと思っています。私は、ダイヤは一つも持っていないけれど、この歯がクリスタルの宝石ですから(笑)
Q.将来について聞かせて下さい。
A.このままメンテナンスを続けていって一生自分の歯で食べていきたいと思います。
母は入れ歯で小さい頃から歯は大事よと言われ続けてきました。
父は生涯自分の歯でしたが、塩で歯を磨いていました。
自分の歯は母譲りだったけれど、結果インプラントもすることなく、自分の歯で何でも食べられるので幸せだと感じています。
池田歯科と出会えて本当に良かった。先生の技術の素晴らしさに感謝しています。

体験談

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内