ESTHETIC審美歯科

審美歯科 体験談

スマイルラインと調和を求めた上顎前歯の治療

治療内容

スマイルラインと調和を求めた上顎前歯の治療

症例紹介

上顎前歯の差し歯を作り変えを希望して来院された、30代の女性のケースを御紹介します。

10年ほど前に入れてもらった4本の前歯が変色したのと、最近になって右上の2番目の歯が欠けてしまいました。

この方は、セミナーの講師をされていて、大勢の前で講演をされることがおおいのですが、笑ったときにあまり歯が見えないのが悩みであったとのことです。

それで、上顎4本の前歯を作り直すときは、長い歯にしてくださいとのことでした。

しかし、4本だけ歯を長くすると隣の犬歯との長さが不揃いになり、スマイルラインが崩れてしまいます。

そこで仮歯を使い最終の歯をシミュレーションし、患者さんと何度も相談をした結果、両隣の犬歯と第一小臼歯の4本をポーセレンラミネートベニアで修復することになりました。

そして、4本の前歯はジルコニアセラミックスを使用した審美性の高いものとなっています。

治療後には、自然な笑顔を作ることができるようになられ、人前でも自信を持って講演ができるようになられ、大変喜んでいただきました。

治療前

治療前のお口の正面画像です。

治療中

両側の犬歯に接着した、ポーセレンラミネートベニアです。

治療後

治療お口の後の正面画像です。色と形が理想的になりました。

治療後の患者様の素敵な笑顔です。笑った時の下唇の湾曲(スマイルライン)と一致した歯並びにご注目ください。

体験談

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内