BLOGスタッフブログ

スタッフブログ


宇宙飛行士2013/07/09

こんにちは

今日は最近知った話をおはなしします

さて宇宙飛行士は、むし歯があるとなれないといわれています
なぜでしょうか?

そもそも歯が痛くなる理由は、むし歯が進み神経の炎症によってガスが出ます
この圧力によって痛みを感じるのです
これは、火山の噴火にたとえることができ、
マグマの圧力が高まると、地質が薄いところに噴火する。
むし歯で穴があいた部分が噴火口といえます(^。^)

ちなみに
宇宙飛行士の毛利衛さんは、小さなむし歯が四本あり治療されたみたいで、
どうやら小さなむし歯であれば大丈夫なようですね・・

飛行中は、約20%気圧が低下するため その影響で、スナック菓子の袋が膨れたりします だから、パイロットやスチュワーデスにとって、歯の治療は重要なんです

  地上でわずかな痛みがあれば、上空ではさらに痛くなるので国際線などの長時間の飛行においては、かなりの苦痛となり、 ひどい時は乗務員の交代もありえるそうです(>_<)

それでは、もし宇宙で、親知らずでも痛みだしたらどうするのでしょうか?

まず痛み止めの薬を飲む。

それでも効かなかったら

他の宇宙飛行士が歯を抜くそうです(・o・)びっくり!!!

そのため宇宙飛行士は、歯を抜く訓練までしているそうですよ

 歯科衛生士の堤でした!(^^)!

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内