BLOGスタッフブログ

スタッフブログ


禁煙は愛。2018/02/05

こんにちは、歯科衛生士の山口です。
ここ数日厳しい寒さが続いていますね。
雪もかなり降っていました!

 

 

 

 

 

 

今回は歯周病と喫煙の関係についてです。
喫煙していると歯周病にかかりやすいことが分かっています。

歯周病が怖いのは、進行すると歯を失う原因になるだけでなく、全身の健康にも影響することです。

その他、ヤニで歯が黒くなる、ひどい口臭がするなど、美容やエチケット面でもマイナスばかりです。お口の健康のためにも禁煙をおすすめしたいと思います。

 

 

「体に悪いのは分かっているけど、、、」という方も多いかと思います。
喫煙は歯周病のリスクを高めます。

タバコをやめるとたくさんの人の命に関わるリスクを減らすことができます。
禁煙は、愛の証です。あなたとあなたの周りにいる大切な人たちのために、
今こそ、禁煙を真剣に考えてみませんか?

 

 

タバコを吸っていると歯肉の腫れや出血が見た目上抑えられ、患者さん自身が歯周病に気づきにくくもなります。
治療後経過を追っていくと、喫煙者の歯肉は再び悪くなっていく傾向にあります。

 

 

また、「ヤニ」という形で歯の表面に残っているので、歯がざらざらして汚れが張り付きやすくなるのはもちろん、

いつまでもお口の中や歯肉にニコチンが染み出しつづけることになるのです。

早く禁煙すればするほど、寿命を取り戻せます。いくつになっても禁煙が遅すぎることありません。

先送りにせず、禁煙する気になった時がやめ時です。

 

 

 

 

最近、煙が出ない新しいタイプのタバコが登場しています。その一つが加熱式電子タバコです。では、加熱式電子タバコなら害は少ないのでしょうか?

たばこの葉を電気で加熱して蒸気を発生させ、ニコチンを吸い込むものですが、日本禁煙学会によると、

紙巻たばこと同様に依存性があり、発がん性物質を含む有害物質を含んでる事が指摘されています。

健康被害の評価もこれからであり、安全性が証明されたものではないことを知っておきましょう。

 

 

 

 

日本医師会の禁煙についてのサイトです。禁煙をお考えの方はぜひご覧ください。

https://www.med.or.jp/forest/kinen/current/#firstContents

 

 

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内