BLOGスタッフブログ

スタッフブログ


治療中に気を付けたいこと2018/02/01

こんにちは、歯科衛生士の吉武です。

 

今回は治療中に気をつけて頂きたい事にについて紹介します。

 

虫歯の治療や根の治療の後にはゴムのような仮の蓋を使ったり、仮歯はプラスチックのような材料を使います。

 

 

ゴムのような仮の蓋は治療中の歯を割れたり、痛まないように保護する役割があります。
ですが、ガムやキャラメル、お餅など粘着性の高い食べ物で取れやすく、硬いものを噛んだりすると歯が割れたり、痛みの原因になります。

 

また、仮の蓋の状態が長いと、型どりをした詰め物が合わなくなったり、周りが虫歯になったり、根に炎症が起きてくる可能性があるのであまり長期で使用はできません。

 

 

プラスチックのような仮の歯は歯を保護する役割の他に噛み合わせや咀嚼、前歯だと審美性の回復などその他にもいろんな役割があります。

 

ですが、硬いものや、よく噛まないといけないもので割れることがあります。

 

また、歯間ブラシやフロスが引っかかったり、くっつきやすい食べ物で取れてくる場合もあります。

 

仮の歯は割れてしまったり、取れてしまっても持って来て頂く事をオススメします。

 

 

 

注意することばかりで食事が大変だったりしますが治療が終わると美味しく食べれるので頑張りましょう!

 

 

 

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内