COLUMNコラム

歯肉炎とその種類について


歯肉炎と歯周炎の違いとは?歯周病の一歩手前の歯肉炎とその種類についてお話します。

こんにちは!歯科衛生士の加藤です。今回は歯周病の前の話、歯肉炎についてです。まず、歯肉炎と歯周炎の違いは歯を支えている骨(歯槽骨)に炎症が進んでいるかそうではないのかということです。炎症が進んでいると骨(歯槽骨)がどんどん溶けていってしまいます。歯肉炎の炎症の原因は磨き残しによるプラークの付着によるものが主な原因ですが、その歯肉炎にもいくつか種類があります。

 IMG_1059

1.単純性歯肉炎

プラークの付着によって発症する歯肉に限局した炎症です。単純性歯肉炎は原因であるプラークを適切に除去することにより治せます。

 

2.複雑性歯肉炎 

複雑性歯肉炎とはプラークだけではなく他の因子によってさらなる影響を受けたもので、炎症の程度や範囲は単純性歯肉炎より大きく治療が複雑になることもあります。

その複雑性歯肉炎の中にもいくつか種類があります。

 

1.思春期性歯肉炎

直接の原因はプラーク。思春期に特有のホルモンのバランスの乱れによって炎症が一時的に増強された状態。

 

2.妊娠性歯肉炎

妊娠期の特有のホルモンのバランスにより炎症が増強された状態。女性ホルモンの増加した環境を好む歯周病原細菌が存在することもしられています。

 

3.白血病性歯肉炎

白血病の初発症状が歯肉からの止血困難な出血として現れることがあります。

 

4.壊血病性歯肉炎

ビタミンC欠乏症である壊血病の方のお口に増殖性の歯肉炎が現れることがある。壊血病は現在ではほとんどみられません。

 

5.薬物性歯肉炎

特定の薬剤(抗痙攣薬、降圧剤、免疫抑制剤)の服用により、歯肉の著しい増殖、深い歯周ポケットが特徴の歯肉炎です。

 IMG_1066

これらはプラークが直接の原因ですが、お口の中を清潔に保ち、ある一定の時期を終えたり、専門医への対応により症状が軽減します。

 

毎日のブラッシングも大切ですが、毎日歯磨きをしっかりしているのになかなか歯茎の腫れがおさまらない、歯磨き時に血が出るといった方は今の自分の健康管理や飲んでいるお薬の見直されてみてください。

 

ですがほとんどは歯肉炎や歯周病は磨き残しが原因のプラークの付着です。歯肉炎の段階では日頃のブラッシング、つまり自分で治すことができます。歯磨きのことでしたら何でも私たち、歯科衛生士にご相談下さい!

 

参照:最新歯科衛生士教本 歯周疾患

 


カテゴリー

キーワード

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内