BLOGスタッフブログ

スタッフブログ


デンタルフロスの使い方2014/10/04

こんにちは。今日はデンタルフロスの使い方についてご紹介します!

歯ブラシだけでは不十分?フロスでのケアも忘れずに!
健康なお口にも3mm程度の歯肉溝があり、歯垢がたまりやすく、とくに大事なケアポイントです。

歯ブラシだけでは、オーラルケアはまだまだ不十分です。プラークがたまりやすい歯肉溝や狭い歯間はデンタルフロスでしっかりとケアすることが肝心です。
プラーク除去効果は歯ブラシだけの場合より、デンタルフロスを併用するとよりアップします。歯ブラシの届きにくい歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目のプラークをデンタルフロスで一日一回ケアすることでプラークコントロール効果はいっそう高まります。

プラーク除去のかなめ、デンタルフロス活用術おしえます!

デンタルフロスの正しい使い方をマスターすれば、歯ブラシだけの場合よりもプラークを効率よく除去することができます。フロッシングに使うフロスの長さは約40cmが適当です。だいたい指先から肘までの長さを目安にして切りはなします。そして、両手の中指の第一関節あたりにゆるめに巻きつけ、10~15cmくらいの間隔になるようにします。これでフロッシングの準備はOKです。

フロスの持ち方

両手の親指と人差し指で、指の間隔が1~1.5cmなるようにフロスをピンと張るようにおさえます。この間隔が長すぎるとフロスが不安定になって、歯ぐきを傷つけてしまうことがあるのでご注意ください。

前歯の場合
前歯:上 前歯:下
片方の親指を上に向け、もう片方の人差し指で少しひねる 両手の人差し指を下に向けておさえます。
前歯:上 片方の親指を上に向け、もう片方の人差し指で少しひねる 前歯:下 両手の人差し指を下に向けておさえます。
奥歯の場合
奥歯:上 奥歯:下
両手の人差し指を上に向けておさえます。 両手の人差し指を下に向けておさえます。
奥歯:上 両手の人差し指を上に向けておさえます。 奥歯:下 両手の人差し指を下に向けておさえます。

フロスの動かし方

フロスの動かし方は、どの歯も同じでかまいません。鏡に向かってフロスの位置を確認しながらゆっくりと行いましょう。

  1. フロスの動かし方 1歯面に沿って、のこぎりの刃を引くようにゆっくりと動かしながら、歯と歯が接触している部分を通過するまで少しずつ入れます。
    ★ 取りはずすときも同じようにゆっくりと動かします。

  2. フロスの動かし方 2歯と歯が接触している部分を通ったら、歯に巻きつけるように動かしながら、歯肉溝の中に少し入れます。
    ★ 歯ぐきを傷つけないように注意します。

  3. フロスの動かし方 3上下へ動かしながら歯の側面をこすります。
    ★ 歯の両側面をキレイにしましょう。

  4. フロスの動かし方 4汚れたフロスにはプラークがついているので、1カ所終えるごとに中指に汚れた部分を巻きつけ、清潔な部分を送りだして次の歯へいきます。

参考文献:REACH


日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内