ETHETIC審美歯科

審美歯科の基準

審美歯科的な美しさを決める基準

審美歯科において、歯の美しさを決める基準を定めております。実際にあなたも鏡で歯をチェックしてみましょう。

1. スマイルライン

あなたが笑った時の下唇が描く曲線のラインをスマイルラインといいます。

スマイルラインの基準

正面から見た時に、中切歯が犬歯よりも短いとキレイなカーブを描かず、リバースラインになってしまいます。

 

笑ってない状態で軽く唇を開いている時に、上あごの切歯が2~4mm見えるのが理想だといわれています。

 

スマイルラインのチェックポイント

□ 上あごの歯は、スマイルラインを描いているか?

□ 上あごの歯は正面から見た時に、中切歯は犬歯より少し長いが、少なくとも犬歯と同じ長さになっているか?

□ 笑った時の上唇とラインと歯茎のラインが一致していて歯茎が見えないか、1~2mm歯茎が見える状態になっているか?

□ 笑っていない状態で軽く唇を空いている時に、上あごの切歯が2~4mm見える状態になってるか?

 

2. アキシャル・インクライネーション

歯の中心線が中切歯から犬歯にかけて自然に上開きに斜めになっていくのが審美歯科的な基準で美しいとされています。

アキシャル・インクラネーションの基準

 

アキシャル・インクライネーションのチェックポイント

□ あなたの歯の中心線は、中切歯から犬歯にかけて自然に上開きに斜めになっていっているか?

 

3.ミッドライン

上あごの左右の中切歯が接する縦のラインを正中線(ミッドライン)といいます。
この正中線が歯がねじれていたりすることによって斜めに傾斜していたりすることがあります。このように正中線が垂直でないと審美歯科的な美しさが損なわれてしまいます。

ミッドラインの基準

 

ミッドラインのチェックポイント

□ 正中線が左右の歯の高さを結んだラインに対して垂直になっているか?

□ 歯の正中線と顔の中心線が大きくずれていないか?

 

4. インサイザル・エンブレジャー

隣り合っている歯の角が合わさってできる三角形の隙間は中切歯から犬歯へ向けてその大きさと深さが自然に大きくなっていくことが審美歯科的な美しさの基準となっています。

インサイザル・エンブレジャー の基準

 

インサイザル・エンブレジャー のチェックポイント

□ 口隣り合っている歯の角が合わさってできる三角形の隙間は、中切歯から犬歯へ向けてその大きさと深さが自然に大きくなっているか?

□ 口隣り合う歯が合わさるポイントは、中切歯から犬歯に行くに連れて歯茎側に上がっていっているか?

 

5. セントラルドミナンスとプロポーション

セントラルドミナンスとは、中切歯がスマイルの時に重要な立場であり、均整のとれた好ましい形であることが審美歯科的な美しさの基準となっています。

セントラルドミナンスとプロポーションの基準

スマイルラインの基準

中切歯の縦の長さに対する横幅はおよそ1.0:0.8が最も良好です。

 

審美歯科的な黄金比の原則によると、中切歯、側切歯、犬歯の横幅はそれぞれ1.6:1:0.6の関係が存在します。

 

インサイザル・エンブレジャーのチェックポイント

□ 中切歯の縦の長さに対する横幅はおよそ1.0:0.8になっているか?

□ あなたの歯を正面から見た時に、中切歯、側切歯、犬歯の横幅はそれぞれ1.6:1:0.6の関係になっているか?

 

6. アナトミー

かぶせ物などを作る際に歯の表面の形は自然の歯の形(解剖学、アナトミー)を取り入れることが審美歯科的な基準でも重要です。

歯に3つの膨らみをもたせることで歯は自然な光の反射が得られるのです。

アトミーの基準

アナトミーのチェックポイント

□ 歯には3つの膨らみがあって、自然な光の反射が得られてるか?

 

7. バッカル・コリダー

唇の端と犬歯で挟まれた三角形の影になる部分をバッカルコリダーといい、小臼歯から大臼歯にかけて徐々に暗くなって消えていくのが審美歯科的に理想的と言われています。

バッカル・コリダーの基準

バッカル・コリダーのチェックポイント

□ 小臼歯から大臼歯にかけて徐々に暗くなって消えていってるか?

□ 奥歯が前歯に対して適度に暗くて、適度に小さいか?

 

8. サービカル・エンブレーンジャー

歯周病などで歯茎が退縮すると、歯と歯の間に黒い三角形の隙間ができてしまう場合があります。

これをブラックトライアングルといい、審美歯科的にはとてもマイナスとなります。

サービカル・エンブレーンジャーの基本

サービカル・エンブレーンジャーのチェックポイント

□ 歯と歯の間にブラックトライアングルがないか?

 

9. マージンプレイスメントとデザイン

歯茎の下にあるかぶせ物と歯根の接合部をマージンといいます。

このマージンが深すぎると歯茎が炎症を起こしてしまい、歯周病になってしまう可能性が出てきます。また、浅すぎると審美歯科的な美しさを損なってしまう可能性が高くなります。

したがって、審美歯科的な美しさを長期間に渡り、維持していくためにはこのマージンの位置を適切に設定することが非常に重要になります。

マージンプレイスメントとデザイン の基準

マージンプレイスメントとデザインのチェックポイント

□ 以前に入れたかぶせ物の歯茎の端が黒ずんでいないか?

□ かぶせ物の入っている部分の歯茎が赤くはれていないか?

 

10. ジンジバルカンツァーとポジション

下顎の前歯4本と上顎側切歯の歯茎の形は左右対称で、半円状か半楕円状であること、中切歯と犬歯は歯茎の頂点が歯の中心線より外側にあるため、歯茎が描くカーブは斜めの半楕円形となるのが審美歯科的に美しいとされている。

ジンジバルカンツァーとポジションの基準

ジンジバルカンツァーとポジションのチェックポイント

□ 下顎の前歯4本と上顎側切歯の歯茎の形は左右対称で、半円状か半楕円状になっているか?

□ 歯茎が描くカーブは斜めの半楕円形となっているか?

 

11. エマージェンスプロファイル

歯が歯肉から立ち上がる部分の形をさします。正面図、側面図において1/3の長さが自然とされています。適切なエマージェンスプロファイルを与えることで、歯周組織の炎症や腫脹を避け、ブラックトライアングルを回避できます。

エマージェンスプロファイルのチェックポイント

□ 歯が歯肉から立ち上がる部分の形が正面図、側面図において1/3の長さになっているか?

 

12.インサイザルエッジポジション

前歯の先端位置を指します。正しい切縁の位置は、切歯の見え方、Fの発音、咬合平面との関係により決定されます。

インサイザルエッジポジションのチェックポイント

□ FとVの発音時に、下口唇のドライウェットラインに軽く接触しているか?

 

13.シェードセレクション

歯の透過度、色を指します。シェードの選択は、個別にカスタマイズされなくてはなりません。

シェードセレクションのチェックポイント

□ 歯の色、透明度は気にならないか?歯の色は単一でないか?

 

審美歯科のこだわり

本当の「審美歯科」をする上で必要な、他院にはない最新設備を取り揃えております。

審美歯科のための設備のご紹介

リスク/脱離、破折、色調の再現に限界がある
料金/ポーセレンラミネートベニア:¥120,000円、セラミックインレー:¥50,000円<小臼歯>¥70,000円<大臼歯>、メタルセラミッククラウン(全体修復):¥120,000円、ファイバーコア:¥15,000円、e-Max プレスセラミックス アンレー:¥120,000円、e-Max プレスセラミックス インレー:¥70,000円<小臼歯>¥90,000円<大臼歯>、ジルコニアオールセラミック冠:¥130,000円、ダイレクトトボンド(ビルトアップ):¥50,000円~100,000円

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内