COLUMNコラム

総入れ歯とは


歯を失った際に選択肢として挙げられる治療法はいくつかありますが、全ての歯を失ったとなると、話は少し変わります。保険が適用される範囲内で治療を受ける場合は、総入れ歯を選択するケースがほとんどといえます。そこで今回は、総入れ歯のメリットやデメリットだけでなく、治療の流れや注意点などについて詳しく解説します。

1.総入れ歯とは

 

歯が全部抜けてしまうと、総入れ歯が適用となります。

総入れ歯は吸盤の原理で、お口の中に装着する装置です。お口の中の動く筋肉や舌の動きなどとバランスをとりながら安定させることが総入れ歯には不可欠な要素となっています。

 総入れ歯には、床(歯肉に接する部分)が金属でできた金属床と、レジンでできたレジン床があります。金属床は強度を保ちつつ薄く作製できる、レジン床は年齢による顎の形の変化に対して修正しやすい、といった利点がそれぞれあります。

 

2.総入れ歯のメリットとデメリット

 

総入れ歯には、メリットだけでなくデメリットも存在しています。ここでは総入れ歯のメリットとデメリットについてそれぞれ詳しく解説します。

 

総入れ歯のメリット

 総入れ歯には以下の3つのメリットがあります。

・外科処置を必要としない

・比較的短期間で済む

・比較的安価でできる

 総入れ歯はインプラントとは異なり、外科処置を必要としません。

また、保険が適用されるため比較的安価に治療を受けることができ、治療期間もそれほど長くならないというメリットがあります。

 

総入れ歯のデメリット

 総入れ歯のデメリットには、以下の5つが挙げられます。

・食事のたびに外して洗ったほうがよい

・慣れるまでは違和感が大きい

・慣れるまでは発音が難しかったり、熱さ、冷たさなどの感覚が鈍くなったりする

・自分の歯があった時ほどは咬めない

・合わない総入れ歯を入れておくと顎堤の吸収を招きやすい

 総入れ歯は取り外し可能な装置ですので、食事のたびに外して洗うのが望ましいです。

また、装置自体がとても大きいので、慣れるまでに時間がかかったり、しゃべりにくくなったりというデメリットも存在しています。

また、インプラントほど噛み心地はよくありません。

 

3.総入れ歯の治療の流れ

 

総入れ歯の治療は、以下のような流れで行われます。

a 既成トレーまたは個人トレーで口の中の型取りをする

b 咬合床を用いて歯並びや咬み合わせの高さを決める

c 歯並び、発音や咬み合わせを確認するためにロウ義歯を試適する

d ロウ義歯をレジンに置き換え義歯を完成させる

e 完成した義歯を口の中に入れ、咬み合わせや歯茎の部分との適合状態を調整する

 

4.治療を受ける際のアドバイス

 

総入れ歯を入れた直後は痛いところや、頬や舌をかむといった不具合が出やすいので必ず歯科医院で調整してもらいましょう。

適切な調整を行うことが早く義歯に慣れるポイントです。

総入れ歯がきちんと合っていないにも関わらず無理して使い続けると、お口の中に様々なトラブルが生じるため注意が必要です。


カテゴリー

キーワード

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内