COLUMNコラム

歯磨き粉について


皆さんは歯磨きの際に、歯磨き粉を使っていますか?適切に歯磨き粉を使用すると、とても効果がありますが、間違えた使い方をするとかえってむし歯をつくることがあります。それは歯磨き粉を使用すると、歯を磨いた気になってしまい、結果的に磨き残しが増えてしまうというリスクです。けれども、適切なブラッシング法を身に付けていればその心配はいりません。また、最近の歯磨き粉は非常に高い虫歯予防の効果が期待できますので、使用するメリットの方が大きいといえます。そこで今回は、当院でお勧めしている「Check-Up standard」という歯磨き粉について説明します。

1.「Check-Up standard」とは

check up

1 日常使いに適したフッ化物配合ペースト

フッ素は歯質を強化し、虫歯になりにくい強い歯を作ってくれます。

「Check-Up standard」にはそんなフッ素が含有されたペーストですので、日常使いに最適な歯磨き粉といえます。
フッ素が口腔内のすみずみまで広がりやすいソフトペーストで、歯や歯肉にやさしい低研磨性という特徴もある優れた歯磨き粉です。

また、泡立ちが少なく、やさしい香味なので、少量の水ですすげます。

2 虫歯予防に最適な歯磨き粉

「Check-Up standard」は低研磨性という特徴のおかげで、長い時間磨いても歯を傷つけることがありません。同時に、長時間ブラッシングによってフッ素の効果を最大限まで引き出すことが可能です。そういった意味で、「Check-Up standard」は虫歯予防歯磨き粉の定番といえるでしょう。

3 「Check-Up standard」の効果的な使用方法

「Check-Up standard」は次のような手順で使用すると、効果的に歯をきれいに、そして虫歯に強くすることができます。

・歯科用歯ブラシと同じ長さにCheck-Upペーストをのせる
・口腔内をしっかりブラッシング
・ブラッシング後、軽く吐き出し、約5秒間、1回、洗口する

 4 「Check-Up standard」の使用上の注意点

「Check-Up standard」は次の3点に注意しながら使用してください。

・発疹などの異常が現れたときは使用を中止し、商品を持参して医師に相談する
・歯科医師、歯科衛生士の指導のもとで使用する
・歯の定期検診を受ける

2.歯磨きのタイミング

歯磨きは可能であれば1日3回行いましょう。

朝昼夜と3回磨くことで、虫歯や歯周病予防をより確実にすることができます。

それぞれのタイミングで磨くメリットは、次の通りです。

1 朝に歯を磨くメリット

朝、起床直後の口の中は1日の中で最も細菌が多く、歯にとって悪い環境となっています。

朝食を食べる前はうがいをして、一旦口の中の細菌を洗い流し、朝食後に歯を磨くのが良いです。

2 昼に歯を磨くメリット

昼食後に歯を磨くことで、口臭を抑えることができ、口の中がスッキリします。

また、歯の健康を保つためだけでなく、気持ちを入れ替えるという気分転換の効果もあります。

3 夜に歯を磨くメリット

就寝中は唾液の分泌が減り、細菌が増殖するスピードが早くなります。

この就寝前に、しっかりと歯を磨いておくことで、この細菌の増殖を最小限に抑えることができます。

きちんと歯磨きをして、虫歯予防を心がけましょう。

3.まとめ

このように、虫歯予防を心がけるのであれば「Check-Up standard」が最適といえます。

朝昼夜と1日3回「Check-Up standard」を使用することで、歯がきれいになるだけでなく、虫歯菌や歯周病菌を寄せ付けない強い歯質を獲得することができます。


カテゴリー

キーワード

日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内