COLUMNコラム

前歯の詰め物を綺麗に!ナノエステについて


前歯の虫歯を保険診療で治療する場合は、レジンなどの樹脂で詰め物をすることが多いです。レジンは安価で操作性も良いため、大変便利な歯科材料なのですが、強度や審美性の面では幾つかの問題があります。前歯というのは、物を噛むという機能だけでなく、口元の美しさを担っている大事な歯です。それだけに、材料や治療法にはこだわりたいものです。そこでお勧めなのがナノエステです。

1.ナノエステとは

ナノエステとは、前歯などの目立ちやすい部位に虫歯ができたり、以前に詰めていた詰め物が変色したりした際に行う歯科治療です。

(1)天然の歯に近い光沢と艶、強度

健康保険で行える樹脂の詰め物に比べると、超微粒子(ナノ粒子、1/1000ミクロン)で構成されているため、自然な光沢と艶があり、天然の歯に近い性質を備えています。また、強度が高いためほとんど摩耗せず、変色や着色も起こりにくいため、いつまでも綺麗に使い続けることができます。

(2)歯の色の再現度が高い

私たちの歯の色は、一人一人で大きく異なります。また、患者さんのお口の中でも、1本1本の歯で、歯質の色が微妙に異なってきます。それを保険診療の材料で再現するのはかなり難しいです。例えば当院では、4色の材料を健康保険で使用できます。それがナノエステであれば、13色にまで広がるのです。しかも、何層にも塗り重ねていくため、13色以上の色味を再現することが可能といえます。ですから、1本の歯の中でグラデーションを作ることもできますので、より自分の歯に近い自然な色に仕上がります。

 

IMG_0234

ナノエステに使用するミエリス2(健康保険適用外)

 

(3)歯質との境をなくす特別な研磨作業

歯に詰め物を施す場合には、研磨の工程が非常に重要となってきます。なぜなら、虫歯になった一部分の歯質のみを人工の材料で置き換えるため、研磨が粗いと歯質と詰め物との境目や目立ってしまうからです。そこで当院では、ナノエステの治療時に、歯科用マイクロスコープ(顕微鏡)と専用研磨剤を使用しています。マイクロスコープによって拡大された歯面を見ながら、何段階にも分けて研磨を行っていきます。専用研磨剤の効果も相まって、修復部位がほとんど分からないほどの仕上がりになります。特に、歯質との境をわかりにくくさせることができます。

 

2.ナノエステが適応される症例

当院では、ナノエステを次のような症例に適応しています。

1.詰め物をしていた部分の虫歯再発と変色 多数歯

2.神経を残すように治療したところ

3.破折歯

4.すきっ歯

 

3.費用

ナノエステの費用は、詰め物をする場所や大きさによって異なります。大まかな費用の目安としては、10,000~50,000円程度とお考え下さい。正確な費用が知りたい方は、是非一度、当院にご相談にいらしてください。快く対応させて頂きます。

shadeguide

A)  象牙質用のシェードガイド

 

002

B)  エナメル質用のシェードガイド

 

009

AとBのシェードガイドを組み合わせて、色の診断をします。

 

010   014

象牙質とエナメル質それぞれ、色を選択して隙間が出ないように充填していきます。

 

nano

ナノエステが仕上がったところです。

治療しているのがほとんどわからないようになりました。


日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内