COLUMNコラム

歯の着色に要注意!歯を白く綺麗に保つためにいい食べ物・悪い食べ物


歯科衛生士の矢ヶ部です。歯を白く綺麗に保つために悪い食品、いい食品についてまとめてみました。私自身もホワイトニング経験者なので、特に着色性食品と着色性補助食品の食べ合わせには注意しています。

着色の大敵!着色性食品と着色性補助食品

着色性食品とはどんな物?

緑茶、烏龍茶、コーヒー、赤ワイン、コーラ、ソース、ケチャップ、ブルーベリー、カレー、タバコ、色の濃いうがい薬

着色性補助食とはどんな物?

アルコール飲料、スポーツドリンク、炭酸飲料、ほうれん草、青いバナナ、クエン酸、緑茶やコーヒー、赤ワインなどは着色性食品に分類され、摂取することで歯が着色しやすくなり黄ばんでいきます。

食べ合わせには要注意

着色性食品と着色性補助食品を同時に摂取することでさらに着色しやすくなります。

着色性補助食品とは「それ単独では歯が着色することはないが、着色性食品と一緒に食べることで歯の着色を強めてしまう食品」の事を言います。

着色性補助食品は口内を酸化させる事で歯の表面が溶けやすくなる環境を作りだし、その結果、着色性食品の着色を助長してしまいます。

カレーと炭酸飲料を一緒にとる場合は、先にカレーを食べ終えてから炭酸飲料を飲むようにすれば着色は防げます。

炭酸飲料には着色料を使用しているものがありますので注意して下さい。

クエン酸も口内を酸性にしてしまいます。クエン酸を含んだサプリメントは着色性食品を食べた後に摂る方が良いでしょう。

 

歯を白く綺麗に保つために最適な食品

歯を白くする食品

パパイヤ

パパイヤにはパパインという酵素が含まれていて、これはタンパク質を分解する働きがあります。そして、歯に付いた汚れを落とす働きもあります。

オレンジ、パイナップル

この2つにはブロメラインという酵素があり、歯垢を除去してくれる作用があると研究されてます。

その他にも、ステインに強いというリンゴ酸を多く含むストロベリーもクリーニング効果がある食品です。ニンジンやセロリ、ゴボウなどは噛みごたえがありますので前歯でかじることによって歯の表面の汚れを取ってくれます。

噛みごたえのある食品

噛みごたえがある食品はしっかり噛む事で唾液の分泌を促す事になります。セロリ、ニンジン、ゴボウなどの野菜類や、サキイカ、モモ肉なとが挙げられます。

柔らかいものばかり食べていると噛む力がだんだんと低下していきます。噛みごたえがある食品は、唾液の分泌を促すだけでなく、歯肉を刺激し、あごの筋肉が鍛えられ、長持ちする健康な歯と、引き締まった口元をキープする力があります。

野菜やきのこ類

IMG_6128

野菜やきのこ類などは食べ物の残滓(食べかす)が残りにくく、噛みながら歯の表面の汚れを掻きとる作用もあります。

歯を汚さないだけでなく、口の中全体を健康に保つために、「食後に残滓が歯にこびりつかない食べ物」「良く噛む事で、唾液の分泌を促す食べ物」を意識することが大切なポイントです。

 

まとめ

当院ではホワイトニングや審美歯科治療で多くの方が来院されます。

治療をして終わりではなく、その後の白く綺麗な歯を保つため、こうした食事やメンテナンス方法についても日々学んで、患者様に情報提供できるよう努めています。

 

 


日・祝
9:00 - 13:00 -
14:00 - 18:00 -

福岡市中央区荒戸2-1-5大濠公園ビル2F

ご予約・ご相談:0120-390-666 または、092-716-0666

土曜日の入場・駐車場のご案内